スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月05日 [00:21] ひとりごと。 

「着メロ」も音楽。

携帯にスピーカーを接続して着メロを再生してた。
ここで「たかが着メロに」と思った方は負け組(何
着メロも立派な音楽の一形態なのですよ。

まず、「たかが着メロ」って考えてる方のほとんどはJ-POPやゲームの曲と言った普通に使ういわゆる「コピー曲」しか知らない方。

ちゃんと作り込まれた「オリジナル曲」を聴いたことがあるでしょうか。
これはもう着メロの域を超えた作品です、芸術です。

そういったオリジナル曲にも当然「TRANCE」、「TECHNO」、「POP」、「ROCK」などと言ったごく一般的なジャンルも存在します。
ちなみに俺はTECHNO派。
ゴアトラやらサイ虎も好きだけど、やっぱテクノだね。
ポップは聴くもの選ぶかな、あんまり好きじゃないし。

…着メロの話しに戻そう。
最近流行り(?)の着うた。あれは実にけしからんね。

録音→切り取り→圧縮。

これが一般的な作り方かな。まあ、録音は普通省くだろうけど。
と、ようするに作った人の個性が全く出ない。誰が作っても同じである。

着メロは同じ曲を作らせても、同じになることはごく稀でしょう。
「あるパート(主旋律・ベース・パーカッション等)を強調したい」、「主旋律どんな音にしようか(リード系、ストリングス系等)」
「アレンジしようか(オルゴール・ピアノソロ・ギターソロ等)」
一度考えだすと書いたらキリがないほどのパターンが生まれる。
これだけではない。ここで環境でさらに差が出る。

・PC作成(DTM)
・携帯作成(9割がたvodafoneのSH機限定)

まあ、大まかにこれかな。
餅、この環境で表現や音色・音源等が変わってくる

ちなみに俺は後者。近々、DTMに変えるかもしれぬがorz

携帯作成も侮れないんですよこれが。俺はヘタレだから説得力がないが、人によってはPCに負けないものさえ作り出す。
実に奥が深いねぇw楽しすぎだよw

携帯作成のいい所は手軽さ。
いつでもどこでも、思いついた時に作れる。
ハマるとそのまま数時間作り続けたり、徹夜とか。
ずっと握ってるから汗で塗装が剥がれて携帯がボロボロなわけだがねw

着メロを構成している時間は、

着メロの構成(長さ、サイズ考慮等)+採譜(曲のコピー時間。オリジナルだったら曲の構想時間)+音色作り=着メロ

「音色はすでに出来てるやつを使おう」、「採譜は終わってるが音色がまだ出来てない」等、
時間の割り振りも曲、あるいは人によって変わってくるのだ。

この辺にしておこう…携帯で書いてるから文章構成がわからなくなってきたw
オリジナルの話、終わってないしw
しかも、続けてたら着メロのことになると延々と話してるねww

約2600文字です(・∀・)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    使います?

    無料ホームページ ブログ(blog)
    質問 アニメと実写、観る比率が多いのは?
    アニメ
    実写
    5分

    コメント



    - アクセス解析 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。